ブログは中毒になる

ブログ中毒 ブログ運営

最近、僕の周りでも、ブログがよく話題に出るようになった。
僕もそうだけど、僕の周りも、ネットにさとい人が多いわけではない。
だからこそ、ブログがじわじわ末端まで広がってきたんだな、
と感じる。

っていうか、
僕も、決して、ブログに入ったのは早い方ではないんですけどね。

というのも、日記サイトをいくつも持っていたから、
そちらの方を重要視していたので、
ブログには、興味がなかった。。

今では、日記サイトのページの方が放置されている状態だけど。。(苦笑)

ブログや日記サイトを持っている人は分かると思うけど、
日記サイトとブログは、非常に良く似ている。

特に、ハマりやすいのだ。

一番は、自分が発信した情報(情報とまではいかなくても言いたいこと)に対して、
「レスポンス」があること。

このコメントなどの「レスポンス」が、
日記やブログの、「麻薬」なのだ。

見てくれている人がいると感じることによって、
発信する意欲が増し、
また書いたことへのレスで、さらに発信する意欲が増す。
そして、そのうち、それは、麻薬へと変わり、
日々の生活の片隅に、ブログや日記のことがあるようになる。

その最も顕著なことが、
絶えずそのテーマのことを考え、
「あ・・・、これ日記(記事)のネタになるかも。。。」
と思ってしまったら、
もう、すでに十分な「中毒」である。

そうしているうちに、
そのブログでは表現できない「別なこと」を表現したくなってくる。

結果、別なブログを立ち上げる。

そうすると、後に、またさらに違うことを表現・発信したくなってくる。。。

ハマった人は、次々に日記やブログを作り続ける。。

そこまできたら、
もう、すでに、「日記ジャンキー」「ブログジャンキー」状態です。

ちなみに、私は、立派に、「日記ジャンキー」を経て、
今は、「ブログジャンキー」になっています(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました