本・アート

本・アート

きまぐれコンセプト クロニクルを読んで、一番印象に残った言葉【前半戦】

さて、前回の日記に書いた、きまぐれコンセプト クロニクルを半分読み終わって、最も感動(?)した言葉、の答えです。(ってか、もったいぶった割には、大したことないので、 先に謝っておきます。ごめんなさい・・・(^^;))さて・・・、答え・・・・、「震動モード」です。「震動モード」って、なんだか、分かりますか?↓これですよ、これ!↓(赤線部に注目)
本・アート

きまぐれコンセプト クロニクル、読んでます(^^;)

前回の日記を書いてから、すでに、20日。きまぐれコンセプトクロニクルを手に入れて、読んでいるのですが、全然、まーーったく、読み終わりませんっ!(笑)やっと半分(98年)までいったところです(^^;)仕事やらなんやらで、なかなか読む時間が取れないのもあるのですが、さすがに、974ページは、読み応えありまくりです(笑)
本・アート

気まぐれコンセプトクロニクル、発見!

本を探しに三省堂本店に出掛けて、帰ろうとした時、ワゴンに積まれた本を発見。思わず立ち止まって、見てしまった。。気まぐれコンセプト クロニクル。「気まぐれコンセプト」といえば、独特のミーハー(?)な感覚を持つ広告代理店マンの日常や、 その時々のミーハーちっくな時事ネタを、おもしろおかしく4コママンガで描き、1981年から連載され続けている人気4コママンガ。
本・アート

伝えるということ|ブログで伝える

初めてブログというものを書き始めて、数年が経とうとしています。とはいえ、大したことなんて書いていないから、何の役にも立っていないんですけど。。そんな中、私は最近、このブログ「ヒカルエクスプレスEX」が、とても心地良いです。ブログというものを書き始めてから、丸3年が過ぎました。ブログを書き始めてから、一番変わったのは目の前にある風景を写真に残すようになったことかもしれません。
本・アート

表現|国立新美術館のポスターより

このポスターに、印象を受けた。表現、という言葉。デザイニング。クリエイティブ。ライティング。近年、モノを表す時、横文字が良く使われ久しいです。でも、私は「表現」という言葉好きです。
本・アート

商店建築|食べ歩き大好きな私が大好きな雑誌

若い頃、私は、お店(飲食店)が好きで、異常な頻度で食べ歩きをしていました。多分、それに費やしたお金を合計したら、ベンツくらいは楽に買えるくらい費やしたでしょう。もう、アホかと・・・(笑)常連となった店もたくさんあったのですが、新しいお店を発見するのも、大いなる楽しみでした。タウン情報誌なども買って情報をチェックしてましたが、タウン情報誌に載っているお店はチェックはするものの、あまり足を運びませんでした。もっぱら好きだったのは、自分の足で店を探すことだったでしょうか。そんな私が、1冊だけ、とても好きだった雑誌があります。それは建築業界の専門誌で「商店建築」という雑誌。
タイトルとURLをコピーしました