商店建築|食べ歩き大好きな私が大好きな雑誌

商店建築雑誌 本・アート

若い頃、私は、お店(飲食店)が好きで、異常な頻度で食べ歩きをしていました。多分、それに費やしたお金を合計したら、ベンツくらいは楽に買えるくらい費やしたでしょう。
もう、アホかと・・・(笑)
常連となった店もたくさんあったのですが、新しいお店を発見するのも、大いなる楽しみでした。

タウン情報誌なども買って情報をチェックしてましたが、タウン情報誌に載っているお店はチェックはするものの、あまり足を運びませんでした。
もっぱら好きだったのは、自分の足で店を探すことだったでしょうか。

そんな私が、1冊だけ、とても好きだった雑誌があります。

それは、建築業界の専門誌で「商店建築」という雑誌。
(う~ん。。なんかうまく写真が撮れない。。)

商店建築雑誌

何がいいって、まず、写真がキレイ。
あまりにキレイ過ぎて、実際行ってみたらそれほどまでじゃなくてがっかり・・・、ということもあるくらい写真がキレイです。

さらには、営業時間、定休日、席数などの営業内容から、主なメニューや単価、店内レイアウトが載ってて、さらに驚くのは、客回転数や客単価まで載っていることです。正直、これを見てしまったら、普通のタウン情報誌のレストラン情報など取るに足らず、東京カレンダーも霞んで見えるよう、という感じです。
残念なのは、1冊2,000円もする価格と、異様に広告が多くて、さらには異様に重たい、ということだけです。

最近、めっきり見なくなっていたのですが、今日、ひょんなことから手に入ったので懐かしながらに見ていましたが、やっぱり、写真、キレイです。。

「おまえはまだ80年代バブルか!」と言いたくなる、南青山の「ベロア」に行ってみたいかも。。
高くて、おいそれとは行けないけど。。今月号の特集は「レストラン」「ブティック」とかで私好みだったのですが、お風呂屋さんの風景を掲載する「湯屋八景」なんて連載もあります。

う~ん。。素敵。。

でも、読んでいると、昔のやんちゃ心が、疼いてきちゃって困ります・・(^^;)

コメント

タイトルとURLをコピーしました